業務内容

企業法務

企業法務の領域では、クライアント企業と顧問契約を結び、日々直面する法律問題や契約等に関して日常的にアドバイスを行うこと、NDA(機密保持契約)等を含む各種契約書・ウェブサイト記載内容に関する文書レビューや文書作成等をはじめとし、会社法・民商法・労働法・独占禁止法・個人情報保護法・特許法といった会社を経営していく上で必要な法律全般に関するアドバイスを提供しています。その他、M&Aの際のデューデリジェンスや契約書の作成、官庁との事前折衝や必要書類の提出等も行っています。

また、麻布国際法律事務所では、米国・欧州・アジアといった外国でグローバルオペレーションを行う企業に対し、日英両言語による下記のような法律サービスを提供しています。

  • 日本企業の海外進出時における、会社設立・規約・契約に関する相談
  • 外資系企業の日本支社設立時における、労働法や会社法に関する相談
  • 国際仲裁や国際訴訟に対する予防と対策(コンプライアンスシステムの構築)
  • 国際訴訟に直面した場合の、外国政府当局や現地弁護士との交渉
  • クロスボーダーM&Aを行う際の、文書作成とデューデリジェンス

万が一、訴訟に直面した際は、迅速なリスクの見極めとそれに対する対応策の構築が先決です。私たちは、最もリスクが低くコストのかからない戦略を立て、必要に応じて有能な法律家チームを組んで対応します。

業務内容一覧へ